株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

社長 澤口のブログ

 

仙台不動産情報ライブラリー


 

コンクール受賞 
施工事例

 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 
お客様の声

 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

お問い合わせ

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 

太白区A様邸 入賞事例

TDYリモデルスマイル作品コンテスト2008 東北地区 ブロック別優秀賞
日本住宅リフォーム産業協会デザインコンテスト 優秀賞

家族の絆

浅野様

 

リフォームの概要

リフォーム前のA様の悩み・ご要望

①80歳代のご両親の足腰が弱くなってきた為、和室の床に座る生活から椅子の生活へ変えて
 あげたい。ご両親の寝室からトイレまで距離が遠いので、なるべく距離を短くしたい。

②A様ご夫妻も趣味仲間’12~15人)を招き、お魚をさばいたりしてパーティーが出来る空間が
 欲しい。

③今後安心して住むことができるか、新築にしなければいけないのか、現在の家の状況を改め
 て見直したい。

 

 

リフォーム詳細

 

■リフォーム前

浅野様
 

 

■リフォーム後

浅野様
 浅野様
手前のシンクは奥様専用。奥のシンクはご主人様専用。魚を裁いたり奥様と同時に料理が出来る様に2つのシンクを設置しました。

浅野様
▲キッチン横の勝手口、リビングの窓からも行き来が出来るデッキ。普段は洗濯干しスペース。夏は第二のリビングとしてパーティーで活用!

 

■リフォーム前

浅野様

 浅野様
▲玄関正面の収納(階段下)を
トイレと手洗いスペースに

 

■リフォーム後

浅野様

浅野様
▲ご両親のお部屋の近くに移動したトイレ。
階段下には手洗いスペースを設け、トイレは気兼ねなくゆっくり入れるように置くに配置しました。
手洗い下の収納扉は、以前和室の襖に組み込まれていた格子を再利用。

 

 



 
 

 


浅野様

トイレは気兼ねなくゆっくり入れるように置くに配置しました。便器の後ろの扉は、以前和室の襖に組み込まれていた格子を再利用。

 

改善方法と工夫点

・23年間何も手をかけずに住んできた為、リフォームではあまりもたないのでは無いかという不安をA様はお持ちでした。建替えは何回も引越しをしなければいけない大変さ、新しく土地を購入して新築することも考えたそうですが、近所の友人がたくさんいる慣れ親しんだ地を離れることは、特にご両親が寂しい想いをされるのでは無いかと考えていました。
そこで、現在の建物の状況を調査、劣化部の修繕や耐震補強の必要性をご説明して、先ずは『家を丈夫にする』リフォームをご提案。そしてご両親やご夫妻の老後を考えた『段差・温度・設備器機のバリアフリー』と、ご家族や友人が『楽しく集えるLDK』へと打合せを進めていきました。

 

リモデル後のお施主様の声

■生活スタイルの変化

 工事後はご夫妻共通のご趣味であるテニスを通じて知り合った13名のご友人を招待しパーティーを
 開催。
 美味しいお魚を食べながら、いつも以上に弾む会話と、いつも以上の素敵な笑顔がたくさんあふれて
 いました!
〝自分専用のキッチンで魚をさばき、みんなに振舞いたい〟と言うご主人様の想いが叶いました。


■リモデルしてスマイルになったこと
 

 『床の感触も、お部屋全体も暖かいしユッタリできますよ。椅子の生活は楽でいいねぇ』と大変ご満足さ
れていました。
お父様はさっそく“購入したばかりの新しいポット”を椅子のすぐ横に置き、お茶飲みを楽しみにされています。お母様は趣味で作られている『造花のお花』を、テレビの横やトイレ、洗面所にも飾り満足そうに眺めておられました。
そして、〝リフォーム後の準備を忙しそうに、かつ楽しそうにしているご両親〟をみていたご主人様
(息子)が、誰よりも素敵な笑顔で・・・
『家族の絆が深まったよ。』と嬉しそうに話してくださいました。