株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー



鶴ヶ谷,土地情報
仙台不動産情報ライブラリー


 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

コンクール受賞 
施工事例

 

社長 澤口のブログ

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 
住まい再建事業者検索サイト
 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
TOTO,
HOME»  社長 澤口のブログ»  2020年3月»  コロナショックで大変

コロナショックで大変

コロナショックで大変

コロナショックで世界同時株安の連鎖

今朝もダウ2013ドル安、下げ幅過去最大

というニュースに始まり、

日経平均も19000円割れという状況

この後、どのように推移していくのか

不安が高くなっています。


 


 

住設機器メーカーの様々な商品が

受注停止状況が続いたままで

業務に支障が生じています。


 


 

ピンチになると

いつも活力が高まるのが性分


 

東日本大震災の時にも

翌日からスタッフに協力してもらい

無料で屋根の瓦下ろしやブルーシート張り

瓦礫を移動して通路の確保

水道の復旧

など住宅の様々なお困り事について

応急処置対応を約1ヶ月間行いました。


 

仕事が出来ないと収入が途絶えてしまう

職人さん達を集めて

昼食のまかないをしながら

日当を支払って

作業従事してもらいました。


 

お客様には無料

職人さんへ支払い


 

会社経営としては

無謀とも言える行動でしたが、

9年前のあの時

原発事故により

仙台からも避難しなければいかない

不安感も高まる中で、


 

自分達に出来ることで

地域に役立つことに

集中して行動量を増やしていきました。


 

スタッフや職人さん達も

不安があった訳ですが、

私が休まずに先頭にたって

指揮を執ることで

みんな頑張らざる得なかったのだと

思います。


 

当時は、その行為についての

是非があったと思いますが、

時間が過ぎていくことで

共に実践し続けた人達は

困難に立ち向かったことは

ムダではなくて

貴重な経験になったようです。


 


 

今回のコロナショックは、

それとはまったく違う状況では

ありますが、

世界規模の危機であることは

間違いありません。


 

出来ることに集中して

立ち止まらずに

動いています。


 

2020-03-10 09:49:44

2020年3月   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント