株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

 
HOME»  社長 澤口のブログ»  2020年3月»  小中高等学校の休校措置でダメージ

小中高等学校の休校措置でダメージ

小中高等学校の休校措置でダメージ

突然の小中高等学校の休校要請で

末っ子が通学している高校も

明日から休校。


 

学年末試験へ向けて

かなり頑張っていたために

本人はとてもがっかりしています。


 

来年は大学受験なので、

そのためにも学年末試験で結果を

出しておきたいと注力していたのです。


 


 

いったいどのようにして

評価されるのか


 

試験というルールが

いきなり変わってしまうことで

子供達の将来への影響が及びそうです。


 


 

卒業式はクラス単位で行うらしく

3年生もかわいそうです。


 


 


 

9年前の東日本大震災では、

三女が小学校卒業のタイミングでした。


 

小学校の体育館が被害を受け

4月に中学校の体育館を借りて

卒業式でした。


 

私は、仕事のため不参加。


 


 

非常事態になると

物事の優先順位が変わってしまい

残念な想いをすることが

発生してしまいます。


 

それをどのように受け止めるかで

その事柄に対する意味づけに違いが

起きます。


 

自分の高校生時代に

休校になったとしたなら


 

学年末試験も無くなり

大喜びだったことでしょう。


 


 

我が子は

ものすごく落ち込んでいた。


 


 

親子なのに真逆な反応です。

2020-03-01 10:03:02

2020年3月   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント