株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

 
HOME»  社長 澤口のブログ»  2019年10月»  創業35周年へのお祝いメッセージ

創業35周年へのお祝いメッセージ

創業35周年へのお祝いメッセージ

この15日に創業35年を迎え、

想像を超える多くの方々より

あたたかいお言葉をいただきました。


 

お客様、取引関係者、友人知人よりの

メッセージは、これまで頑張ってきた

ことが報われたような感じになると共

に、これから更に歩んでいくことへの

元気の源になった気がします。


 

そして創業50年へ向けて幸先良い出

足になったと思います。


 


 

そのような悦びに浸っている中で、

昨日手術を受けてきました。


 

8年ほど前から少しずつ大きくなって

いた背中とお尻の腫瘍の摘出手術です。


 

病院へ行きたくないことを

忙しさを理由に先延ばしにしていたの

ですが、

末っ子から

何度も何度も

「いつ病院に行くの」

と言われ続け

先月病院へ行ったのです。


 

病院へ行けば

ちゃっちゃと切って腫瘍を出して

くれるものだと思っていました。


 

ところが、そんな簡単にはいかず、

手術日が限定されており

予約が先まで埋まっていて

昨日になったのです。


 

初の手術室

ドキドキしました。


 

看護師さんから

「緊張してるの~」

と言われてしまうし


 

そうしたら

医師が2人


 

お尻と背中を別々に

外科医が手術するじゃないですかぁ~


 

それも会話しながら


 

「薄いなぁ~」


 

(えっ? 薄いって何?)


 

「う~ん、感染したなぁ~」


 

(あん、感染~?)


 

「腫れたことあるでしょ?」


 

と質問され


 

「そんなことはないと思います」


 

「そうなの?」


 

そしてまた


 

「う~ん、、、、注射10mm」


 

(注射10mm?)


 


 

手術が進んで行くと

医師同士の会話が弾みだし


 

倫理委員会がぁ~

○○先生がぁ~

学会で~


 

「はいっ 終わりぃ~ましたぁ

痛くなかった?」


 

「大丈夫でした」


 

「そうなのぉ」


 

「抜糸は2週間後になります。

でも、1週間後に状態を診るから来て下さい。あとは看護師さんからの説明をよく

聞いてくださいね」


 

部分麻酔で

背中とお尻という

何をされているのか見ることが

出来ない部分を手術されているのは、

何とも実感がないというか

もちろん麻酔が効いているからなの

だろうけども、

何がどうなったのか

見たかったような気がします。


 

麻酔がきれてきてから

じわじわと痛みを感じるようになり


 

夜は背中とお尻ということで

熟睡できずにいました。


 

昨日は長い1日でした。


 

2019-10-19 07:47:47

2019年10月   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント