株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

仙台不動産情報ライブラリー


 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

コンクール受賞 
施工事例

 

社長 澤口のブログ

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
TOTO,
HOME»  社長 澤口のブログ»  2019年9月»  第1号社員さんのお見送り

第1号社員さんのお見送り

第1号社員さんのお見送り

先日、スイコー創業時の第1号社員さん

が亡くなられました。

享年84歳。


 

超一流の職人さんであり

頼りになる存在で

いつも助けられていました。


 

職人さんの多くは

要所要所のチェックをしておかないと

後で手直しなどをしなければならなく

なるのですが、

それを必要としない数少ない職人さん

のひとりでした。


 

細かな指示も必要なくて、おおよその

指示で何を求められているのかを把握

して期待以上の仕事をしてくれてい

ました。


 

難易度の高い工事の場合などの時に

こんな風に納めたいのだけどと相談

すると、問題なければ簡単に

「いいよ」と

問題があれば

「こうやった方がうまく納まるじゃな

いかな」

という具合に良き相談相手でした。


 

新しい施工方法の導入や、新しい取り

組みに対しても、文句のひとつも言う

ことなく真摯に対応してくれました。


 

60歳で定年になり、再雇用して働い

てもらっていたのですが、70を過ぎ

てから


 

「社長 もう勘弁してもらっていいか」


 

と引退していきました。


 

どんなことでもいいから

可能な限り会社に来て貰いたかった

けれども、

兼業農家で畑仕事を朝に済ませてから

出社して職人としての仕事。

年老いていく身体には限界になって

いたのです。


 

葬儀の時にお孫さんの弔辞を聞いて

引退後にお孫さんとの時間をゆっく

りと過ごされていたんだなぁと分か

りました。


 

お通夜そして葬儀の時に思い出すの

は、大変だったこと、辛かった時の

場面場面で一緒に乗り越えていった

ことばかりでした。


 

感謝の気持ちでお別れをしました。

2019-09-05 07:05:39

2019年9月   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント