株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

社長 澤口のブログ

 

仙台不動産情報ライブラリー


 

コンクール受賞 
施工事例

 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 
お客様の声

 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

お問い合わせ

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
HOME»  社長 澤口のブログ»  プライベートなエピソード»  子育ては簡単ではないけれども親として救われて

子育ては簡単ではないけれども親として救われて

子育ては簡単ではないけれども親として救われて

今日は小雪。

このところめっきり寒くなってきました。

変わり者と言われますが

冬は大好きなシーズン

(大雪の時には閉口しますけど)


 

大好きというのは

夏が苦手(日焼け、汗、蚊にさされる)

だから冬がいいという短絡的な思考です。


 


 

さて、今日は「子育て」について

書いてみます。


 

親になる前に

子育てについて

きちんと学習していなかったために


 

結果として行き当たりばったり

確たる基準を持たずに

自己体験や時流により

こうしようと決めていました。


 

1人目(長女)

2人目(次女)と誕生し

失敗により学習し

3人目(三女)そして4人目(四女)と

育ててきています。


 

子育てしつつ

親として育っている感が否めません。


 

それでも

4人も子供がいるのに

育て方が未だに分かっていないと

きちんと出来ていないと

反省すること度々です。


 

ただ、ちょっと救いだなぁと思うのは

子供達それぞれが

なんだかんだと自立しつつあること。


 

それから

四女が生まれた頃から

私が朝型に切り替わり

朝5時起床して勉強し続け

現在は3時50分起床で仕事をしています。


 

そんな姿を四女は

物心つく前から見ていました。


 

そして、高1になった四女は、

朝6時前に起床すると

家を出るギリギリまで

朝食を疎かにしつつ勉強しています。


 

もちろん朝食をゆっくりと食べていないことは

問題ではあります。

いちいち「勉強しなさい」

と言わずとも

何をどのように勉強すれば良いのかを学習しつつ

勉強する習慣が身に付いていることが

凄いなぁと思うのです。


 

育てる

教える

というより自分の背中を見続けて

学んでくれたのかなぁと

ちょっとだけ親としての満足感を得ているのでした。


 


 


 

新たに住生活の生涯価値を高める

情報提供のサイトを立ち上げました。


 

こちらからどうぞ

2018-11-22 07:10:15

プライベートなエピソード   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント