株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

住まい再建事業者検索サイト
 
仙台不動産情報ライブラリー


 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

コンクール受賞 
施工事例

 

社長 澤口のブログ

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
TOTO,
HOME»  社長 澤口のブログ»  2018年»  社員との死別から10年

社員との死別から10年

社員との死別から10年

創業期からの職人さん(元請負大工から正社員になり多技能工として活躍)

が定年後に再雇用して70歳を前にしてガンで亡くなられた。

10年前のことです。


 

新人の頃、

現場で何度も叱られたり、


 

仙台弁がキツくて

何を言っているのか

まったく分からずにいると

それでまた叱られるみたいなことも度々でした。


 


 

私が専務になって

現場の陣頭指揮を執るようになってから

毎晩深夜まで現場作業を行って

突貫工事を仕上げていくみたいな

無茶な指示にも応えてくれました。


 

今ではありえないことですが、

当時はそうでもしないと

元請先からの発注を止められてしまう時代だったのです。


 

暑い夏には一緒に汗をかきながら

寒い冬には熱い缶コーヒーで凍える手を温めながら

バカ話をして活力を取り戻したりしていました。


 

定年(当時は60歳定年)後も再雇用して

働き続けてもらいました。

とても頼りになる存在でした。


 

68歳の健康診断で肺ガンが見つかり、

闘病していたのですが

帰らぬ人となりました。


 

兼業農家だったことで

1度農作業で大きな事故を起こして

しばらく休んでいたことがあります。


 

肺ガンが見つかった後、

退職願を持って来られました。

「会社に迷惑ばかりかけているから、

退職したい」

との申し出でした。


 

「しばらく様子を見てから考えよう」

と伝え受理しませんでした。


 

本人に働くことへの意欲が

まだまだ強いことを知っていたからです。


 

あれから10年も経ってしまったんだなぁと

2018-06-10 09:36:42

2018年   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント