株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

仙台不動産情報ライブラリー


 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

コンクール受賞 
施工事例

 

社長 澤口のブログ

 

 

 



ログインID:
パスワード:
 

 

社員紹介

 

スイコー、こだわり、選ばれる理由

 

メディア掲載

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
TOTO,
HOME»  社長 澤口のブログ»  住宅関連の情報

住宅関連の情報

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

3分で読める住生活に関する100の情報

ほぼ毎日配信することを目標にしてスタートした


 

3分で読める住生活に関するWEBマガジン

「仙台不動産情報ライブラリー」


 

はじめて家(戸建住宅・マンション)を

購入する人には、必ず知って欲しい内容を

情報提供しています。


 

ほぼ毎日の目標は、

現状では毎日配信し達成しています。


 

ブログは10年以上ほぼ毎日続けたことが

あるので、WEBマガジンの記事も大丈夫

だろうと安易な気持ちでいましたが、


 

その日その日の気持ちや出来事などを

適当に書いてきたブログと違って

適当という訳にはいかないため


 

かなりきつい思いをしています。


 

そのような状況ですが、

スタッフから配信した記事についての

誤字脱字や文章表現について

指摘を受けて修正して

よりよい記事に整えられています。


 

特に女性スタッフ達が主体的に協力してくれて

助けられています。

2019-02-23 08:10:45

コメント(0)

折りたたむ

伊達まさ夢と次世代エコポイント

宮城の次世代プレミアムブランド米

だて正夢

やっと食べました!


 

昨年、ゴルフコンペの賞品で頂戴していたのですが、

残っていた米がなかなか無くならずに

数ヶ月経ってしまったのです。


 

それにも関わらず

もっちりとしていて甘い!


 

ガス釜で炊いたから

ほくほく感も抜群!


 

近年、全国各地でブランド米が次々に誕生しています。

その中で『旨いなぁ~』と

常に感じていたのが山形県の『つや姫』

それも庄内産が抜群に旨いと感じていました。


 

が、それを覆す旨さがあるぞ!

と思わせられました。『だて正夢』


 

まぁ、私の味覚(味音痴らしい)はあてになりませんが

地元産でお気に入りの米が誕生したことは

とても嬉しいことです。


 


 

それにしても、現在の我が家は、

米の消費がほんと少なくなってしまった。


 


 


 

☆安心R住宅

☆次世代エコポイント

のことなど、国土交通大臣登録団体所属であり

補助金等の申請実績1401件(2019/1/15現在)

の仙台市のワクワク系住宅専門店スイコーが

運営する下記のWEBマガジンにて情報提供しています


 


 

3分で読める住生活に関するWEBマガジン 仙台不動産情報ライブラリー

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【人生100年時代での生活設計を検討している人への情報】

8割近くの世帯が生活設計なしでも生活維持出来るのはなぜか?」

 

【マンション購入を検討している人への情報】

「マンション購入前に確認したい掲示板」

「マンションの修繕積立金から見分ける危ない物件」

 

【家を購入するタイミングで迷っている人への情報】

「家を買うのはいつが1番得なのか?」

 

【はじめて新築を購入される人への情報】

「スキップフロアでアクティブライフを実現するためのハードル」

 

【室内の空気汚染や乾燥を気にしている人への情報】

「インフルエンザ対策を抗菌内装で」

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2019-02-20 06:29:24

コメント(0)

折りたたむ

家を買うならやっぱり新築!が安心R住宅で変わる?

家を買うならやっぱり新築!


 

というのがこれまでの常識でしたが、

首都圏では新築マンションよりも

中古マンションの方が人気になっています。


 

そのような中で

昨年4月からスタートした

安心R住宅制度

これから中古住宅(既存住宅)を購入する人向けに

安心して購入できる物件が分かりやすい環境を

もたらしつつあります。


 

「安心R住宅」は、新耐震基準等に適合していて、

インスペクション(建物状況調査等)によって、

構造上の不具合や雨漏りに対応した保険の

検査基準への適合が確認されます。


 

その物件には「安心R住宅」マークが付きます。


 

ただし、この制度は任意の制度です。

国に登録された事業者団体に所属する

不動産会社が推進しています。


 

スイコーは、

「リフォーム提案付きの安心R住宅」

を推進する

(一社)日本住宅リフォーム産業協会の

安心R住宅事業者団体登録の構成員になっています。

仙台市で登録可能なジェルコ安心R住宅

 

仙台市にて安心R住宅の物件を購入したい!

ご自宅を安心R住宅として売却したい!


 

と検討されたい場合には

お気軽にご相談ください。


 

3分で読める住生活に関するWEBマガジン 仙台不動産情報ライブラリー

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【人生100年時代での生活設計を検討している人への情報】

「8割近くの世帯が生活設計なしでも生活維持出来るのはなぜか?」

 

【マンション購入を検討している人への情報】

「マンション購入前に確認したい掲示板」

「マンションの修繕積立金から見分ける危ない物件」
 

【家を購入するタイミングで迷っている人への情報】

「家を買うのはいつが1番得なのか?」
 

【はじめて新築を購入される人への情報】

「スキップフロアでアクティブライフを実現するためのハードル」
 

【室内の空気汚染や乾燥を気にしている人への情報】

「インフルエンザ対策を抗菌内装で」

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2019-02-18 04:28:18

コメント(0)

折りたたむ

頭が痛くなる事件

先日

一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会

主催の「性能向上リフォーム講習会」にて学んだことの

復習をしたら

久々に頭が痛くなりました。


 


 

講習会の第1部では

東海大学名誉教授の石川廣三先生による

「雨仕舞の基本」

について学びました。


 

石川先生は

国土交通省 国土技術政策総合研究所

が実施した5年間の産学官による共同研究

「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」

の代表委員をされた方です。


 

講演は、まるで学会の発表を聴いているようでした。


 

学生気分に戻り

とても興味深く聴講し

かつ

この内容はきちんと現場に反映させなければ

それも早急にと考え、

その研究資料を把握しようとチャレンジしたのです。


 

資料は1000ページを超えたものです。

読み応えありすぎで


 


 

それにしても

すごい研究をしてくれたものです。


 

現場にどうやって反映させようかを

考えれば考えるほど頭痛くなってきました。

2018-05-29 05:13:22

コメント(0)

折りたたむ

濃密な定休日

昨日、仙台では満開の宣言


 

満開宣言はソメイヨシノだけなのを

初めて知りました。(^^;)


 

昨日は定休日でしたが、

予定がぎっちり詰まっていて

(なお、ブッキングが2件もあり)


 

朝3時半に起床してフル回転

(いつもより20分早起きしただけですが、

とても凄い早起きしたような

気分になってしまうのが不思議)

お昼後に15分ほどうとうとしてしまいましたが、

濃い1日でした。


 

さて、4月1日より

不動産業界そして住宅業界にとって

大きな変化となる制度がスタートしました。


 

そのひとつが

住宅の仲介の際に不動産業者は

インスペクション業者のあっせんについて

購入者に説明し

希望があればあっせんしなければならないということ。


 

もうひとつが

安心R住宅制度のスタートです。

簡単に言うと

これは既存住宅の流通拡大に向けて

既存住宅についての評価が行われるということです。


 

この内容について詳しくは

当社が一般消費者向けに開催しているセミナーにて

分かりやすく説明していきます。

2018-04-05 09:22:13

コメント(0)

折りたたむ

新年度がスタートしたばかりなのに はゃっ!

「えっ! もう来た」


 

正確には

平成30年度建築士定期講習の案内が届いたということです。

新年度がスタートしたばかりなのに

もう届いたことに驚いたのです。


 

来年3月までに定期講習を受講し、

修了考査に合格すれば

建築士としての業務を行い続けることが可能になるのですが、


 

まだ1年先まで期間があると思うと

しばらく放置だな

と考えてしまうのがこれまで


 

そんなこんなしている内に

年明けの1月とか2月に受講したりします。


 

今回は秋までには終わらせようと

思ったのですが、

はてさてどうなるか


 

建築士事務所に所属する

建築士(一級・二級・木造)は3年ごとに

定期講習を受講することが義務づけられています。


 

建築士としての業務を行うには

建築士事務所に所属していなければならないため、

この定期講習は避けることが出来ません。


 

建築士の資格を持っていても

建築士事務所に所属せず

建築士の業務を行わない人は定期講習を

受ける必要がありません。


 

定期講習では

(1)建築基準法

(2)建築士法

(3)その他関係法令の改正等

(4)設計及び工事監理に関する科目

について講義を聴き、

その後に60分の考査(試験)

となります。


 

初めて定期講習が行われた時の考査では、

ご年配の方々が

マークシート式の回答方法が分からず

苦労されていた状況がありました。


 

「どうすればいいのや」


 

みたいな感じです。


 

その時、

「えっ 建築士なのに・・・」

と思ったものの


 

「マークシート式と建築士は関係ないか」

と誤った反応をしたのだなぁと思ったことを思い出します。

2018-04-03 12:41:10

コメント(0)

折りたたむ

大手ハウスメーカーのおかげかな?

新築において大手ハウスメーカーさんが


 

「耐震等級3相当」


 

みたいな表現をするようになってきたことで

追い風が吹いてきたようです。


 

耐震リフォームへ取り組んで20年目

多くの耐震調査診断そして耐震リフォームを

手がけてきました。


 

しかし、構造の性能を高めることについて

お客様への伝え方が下手なために

なかなか理解を得られないのが

大きな課題でした。


 


 

耐震性能を上げるより

間取りが優先

住設機器が優先

内装デザインが優先

となってしまうのです。


 

建築基準法第1条(目的)

「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び

用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、

健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉

の増進に資することを目的とする。」


 

となっています。

この第1条にあるように、

建築基準法は構造についての

最低の基準を定めているのですが、

このことが意味することを

お客様に伝えきれずにいるのが問題でした。


 

「大手ハウスメーカーさんが

最低の基準ではない新築を建てている

ことを最近宣伝するようになったのですよ」


 

とお客様へ伝えて説明出来る環境に

なってきたのです。

2018-03-01 10:31:34

コメント(0)

折りたたむ

雪で屋根が壊れる





北陸地方が大雪で大変なことになっています。

親しい同業の方々も

顧客様から家を守るために

雪下ろし要請が相次ぐものの

交通麻痺により

雪捨て場まで雪を運ぶこともままならず

対応に苦慮しているそうです。


 

仙台に住んでいると

屋根に雪が積もって

屋根から雪下ろししなければならない理由について

なかなかイメージしがたいと思います。


 


 

住宅を建てる際に

雪の重さ(積雪荷重)について

建築基準法で規定されています。


 

その法令等を受けて

宮城県で規定されている

建築基準法施行細則には


 

第12条 政令第86条第2項ただし書の特定行政庁が

指定する多雪区域は、別表第二の(三)の項に掲げる区

域のうち垂直積雪量が1m以上の区域とする。

同第2項 前項の多雪区域における積雪の単位重量は、

積雪量1cmごとに1平方メートルにつき、垂直積雪量

が1m以上2m未満の場合については、垂直積雪量に10

Nを乗じた値に10Nを加えた数値以上、垂直積雪量が

2m以上の場合については、30N以上としなければなら

ない。

 

とあります。


 

積雪2m以上の場合には30N以上


 

Nはニュートンと呼ぶ単位ですが、

分かりにくいので

30N=300kg/㎡

とすれば何となくイメージできるでしょうか。


 

1平方メートルの広さに300kgの重さがかかっているということです。


 

ということでざっくり分かりやすく言えば

大相撲の現役時代の小錦関が何人も

屋根一面に載っていることになります。


 

屋根の端となる軒先にも

ずらーっと何人もの小錦関が座っている


 

軒が1mも張り出していたら

根元から折れちゃいそうですね。

2018-02-08 08:11:42

コメント(0)

折りたたむ

職人さんが輝く場所



「職人大国日本…建築職人の技において

世界でもトップクラスの技術力を誇って

いた。


 

時代変化したとはいえ、古来より受け継

がれてきたその魂は我々現在の職人たち

においても少なからず持ち合わせている

ものだと思う。


 

しかし昨今の建築業界で働く職人たちの

環境や価値に常に問題がつきまとっている…


 

それは少子化、5Kと言われる労働環境、

賃金の低下など様々な問題が温床となり

情熱低下、業界離れ、人手不足、後継者

不足、技術の低下を招き負の連鎖を引き

起こしている。


 

多くの職人がその魂を失っていることも

事実である。


 

建設職人甲子園とは、それらの問題に向

き合い、本来建設業界の最も主役である、

我々職人という職業に注目し建築職人た

ちの魂、価値、魅力、技術を同じ志を持

つ仲間と共に地域から全国へ輪を広げ、

新しい職人の価値創造を指していく団体

です。


 

本大会では、業界発展につながる取り組

みと、仕事に対する熱い想いをプレゼン

テーションという形で競いあっていきま

す。


 

小さな革命がやがては大きな革命へ!

業界から日本を元気に!

共に学び!

共に実践!

共に輝く!


 

それが「建設職人甲子園」なのです。


 

理念 共に学び、共に実践、共に輝く

 建設業界甲子園の「共に」とは、自

社(自分)と仲間(お互いの夢を応

援しあう同志)のこと。


 

建設業界甲子園の仲間とは、生涯、

心から支え合う集まりのことなのです。」


 

(建設職人甲子園HPより引用)


 


 

昨日、建設職人甲子園東北地区決勝大会

~責任~

が夢メッセみやぎにて開催された。


 

初めての東北開催である。

全国大会決勝戦のDVDを見て感動し、

直に体感してみたくて東北大会を見に

行ってきた。


 

何度か壇上から話をしたことがあるけれ

ども、人前で話をするのは緊張する。

それも、過去の自分の恥ずかしい側面を

あからさまに話をするとしたなら、ちょ

っと難しいなと思う。


 

それをエントリーし出場している職長さ

んや職人さんまでもが本音で発表してい

るから、とても素晴らしいなと感動した。

エントリーを決めてから決勝戦までの期

間に社長と社員が、相当な覚悟を持って

向き合ってきたのだろうなと思った。

2017-08-21 10:12:26

コメント(0)

折りたたむ

WOODTEC FRIA

「WOODTEC FRIA 2017」へ行って来ました。

プロユーザー向けのイベントで床フローリング

メインの展示会。


写真は70年物のブラックウォルナット。

最高級の銘木ブラックウォルナットならではの

存在感があった。

写真では節が見えませんが、あと3センチほど

カットすると節が出てくるとのこと。


 

敷き詰められた新商品のLive Natural Premium

RUSTICの展示、木取りやフローリングの製造プ

ロセスなど、朝日ウッドテック社のこだわりが満

載。


 

2度会場内を見て回った。

2017-06-22 08:20:49

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3