株式会社 スイコー

仙台市での リフォーム・リノベーション |株式会社スイコー

社長 澤口のブログ

 

コンクール受賞 
施工事例

 

リノベーション、仙台、リフォーム

 

 

 


ログインID:
パスワード:
 

 

お客様の声

 

 

社員紹介

 

スイコーが選ばれる7つの理由

 

メディア掲載

 

お問い合わせ

 

【リンク集】

札幌のリノベーション会社

 


 
リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社

 
HOME»  社長 澤口のブログ

社長 澤口のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

興奮して目覚める

ワールドカップサッカー

決勝トーナメント ベスト16

ベルギー戦


 

負けてしまいました。

とても残念です。

日本代表チームはとても素晴らしいゲームを

見せてくれました。


 

前半0対0で終えた時には

これはもしかすると

と思い始め、

1点目

そしてすぐに2点目が入り


 

勝利を確認しました。


 

最悪、同点になっても

延長戦になれば

相手は身体の大きな選手ばかりなので

運動量で勝てる

みたいに思っていました。


 

ところが、

ロスタイムにあのような失点になるとは、、、。


 

今朝はというか

深夜2時前に目覚めてしまい、

もうちょっと寝ようとしたけれども


 

興奮していて目がさえてしまい

そのまま起きてしまいました。


 

今日は、いつもより長い朝になっています。


 

起きてから6時間

先ほど(7時過ぎ)に朝食を食べたけれども

お昼ご飯のようで

半日が終わったような感覚です。

2018-07-03 07:45:03

コメント(0)

折りたたむ

朝が遅い

朝が明けて来るのが遅くなって来ました。

今年になって起床時間を4時から3時50分へ変更。


 

たった10分ですが、

10分間早くなっただけで

やれることが増えました。


 

1週間前には

3時50分でも明るくなっていたのが、

暗い朝になってしまいました。


 

日々、朝の明ける時間が遅くなり始め

夏本番になってきたなぁと実感しています。


 

そんなこを感じながら、

ワールドカップサッカー観戦は

あまり出来ていません。


 

日本代表は1試合目のコロンビア戦のみ


 

その他はスペイン対ポルトガル


 

後は朝起きてから

ブラジル対スイス

アルゼンチン対ナイジェリア

の後半を見た程度


 

今回のワールドカップは

夜に放送されることで

日本では観戦出来る人が多いそうですが、

早起き型の自分にはそこまで頑張れない状況。


 

しかし

ベルギー戦は

明日朝3時からということなので

いつもよりちょっと早起きすれば見ることができます。


 

コロンビア戦に続き

やっとのことで

ベルギー戦で盛り上がっちゃいます。

2018-07-02 04:58:46

コメント(0)

折りたたむ

頑なに抵抗していたスタッフが

10数年前に会社の方針として

エコロジーな住まいづくりへ取り組みだしました。


 

その際に、スタッフも健康である必要があるとして

喫煙者にタバコを止めるよう指導しました。

強い抵抗を予想していましたが、

意外にすんなりと禁煙に動き出してくれたのです。


 

しかし、ただひとり頑なに抵抗したのが

竹林豊です。


 

いつかはと期待していたものの

月日が流れるうちに

仕方ないかとあきらめていました。


 


 

何かとミスを起こしたり

すべきことが出来ていないことが

あい続き


 

その根底に自己管理が不十分であることから


 

「タバコを止めなさい!」


 

と指示しました。


 

本日で33日目になったとのことです。


 

禁煙するにあたり

本人の意思で禁煙外来へ行って指導を受けていました。


 

何度となく吸いたくはなったようですが、

約束を守ってくれています。


 

体重も2kg減ったそうです。


 

秋に開催の松島ハーフマラソン大会で

10kmを完走出来ると意欲を高めてもいました。


 

彼のおかげで社内の健康意識が高まって行きそうです。

2018-06-19 10:05:32

コメント(0)

折りたたむ

社員との死別から10年

創業期からの職人さん(元請負大工から正社員になり多技能工として活躍)

が定年後に再雇用して70歳を前にしてガンで亡くなられた。

10年前のことです。


 

新人の頃、

現場で何度も叱られたり、


 

仙台弁がキツくて

何を言っているのか

まったく分からずにいると

それでまた叱られるみたいなことも度々でした。


 


 

私が専務になって

現場の陣頭指揮を執るようになってから

毎晩深夜まで現場作業を行って

突貫工事を仕上げていくみたいな

無茶な指示にも応えてくれました。


 

今ではありえないことですが、

当時はそうでもしないと

元請先からの発注を止められてしまう時代だったのです。


 

暑い夏には一緒に汗をかきながら

寒い冬には熱い缶コーヒーで凍える手を温めながら

バカ話をして活力を取り戻したりしていました。


 

定年(当時は60歳定年)後も再雇用して

働き続けてもらいました。

とても頼りになる存在でした。


 

68歳の健康診断で肺ガンが見つかり、

闘病していたのですが

帰らぬ人となりました。


 

兼業農家だったことで

1度農作業で大きな事故を起こして

しばらく休んでいたことがあります。


 

肺ガンが見つかった後、

退職願を持って来られました。

「会社に迷惑ばかりかけているから、

退職したい」

との申し出でした。


 

「しばらく様子を見てから考えよう」

と伝え受理しませんでした。


 

本人に働くことへの意欲が

まだまだ強いことを知っていたからです。


 

あれから10年も経ってしまったんだなぁと

2018-06-10 09:36:42

コメント(0)

折りたたむ

同じ話を何度もする

「同じ話を何度もする」

「赤信号でも平気で渡る」

など、老人の困った行動の原因は

「認知症」や「頑固な性格」にあらず?


 

とう帯書きの

「老人の取扱説明書」平松類著 SB新書

には、老人と会話する際には

「低い声で、ゆっくり、正面から」

話すことが3つのコツであり、


 

「お薬はまだありますか?」

と一気に話すのでは無く


 

「お薬」「まだありますか?」

と単語をできるだけ区切って

伝えようとすることが大切とのことであった。


 


 

両親も老いてきて

認知症にはまだなっていない感じではあるものの、


 

『頑固さが増してきたよな』と思っていたのです。


 


 

ところが、

この「老人の取扱説明書」を読んでみると


 

大きな間違いであることが分かりました。


 

その理由については、

本書を読んで頂いたほうが

理解しやすいと思うので

興味のある方はお読み下さい。


 

著者は医師であり、

のべ10万人以上の老人と接してきたとのことです。

だからなのか

この「老人の取扱説明書」は、

読みやすい。


 

「スイコーの取扱説明書」

の見直しが必要だと思わされました。

2018-06-07 05:27:48

コメント(0)

折りたたむ

頭が痛くなる事件

先日

一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会

主催の「性能向上リフォーム講習会」にて学んだことの

復習をしたら

久々に頭が痛くなりました。


 


 

講習会の第1部では

東海大学名誉教授の石川廣三先生による

「雨仕舞の基本」

について学びました。


 

石川先生は

国土交通省 国土技術政策総合研究所

が実施した5年間の産学官による共同研究

「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」

の代表委員をされた方です。


 

講演は、まるで学会の発表を聴いているようでした。


 

学生気分に戻り

とても興味深く聴講し

かつ

この内容はきちんと現場に反映させなければ

それも早急にと考え、

その研究資料を把握しようとチャレンジしたのです。


 

資料は1000ページを超えたものです。

読み応えありすぎで


 


 

それにしても

すごい研究をしてくれたものです。


 

現場にどうやって反映させようかを

考えれば考えるほど頭痛くなってきました。

2018-05-29 05:13:22

コメント(0)

折りたたむ

年老いていくことと新たな誕生

2年前に母親が心臓(血管)の手術

父親も通院するようになり


 

昨年台風で水害にあった

岩手県岩泉町に住む義理の父母も

定期的に宮古市や盛岡市へ通院


 


 

いつ何が起きても不思議ではない年齢に

なってしまった親


 


 

社員の中にも何名かが

親の病気に向き合っています。


 

住宅の仕事続けていると

長くお付き合い下さっているお客様の

訃報が時折入って来ます。


 


 

そのような日常の中、


 

昨日は

新卒で入社し

当社で社会人として育ってきた

千葉哲也・千葉美宏夫婦の第1子が誕生したと

連絡が入りました。


 

新しい命の誕生は

明るいニュースとして気分を晴れやかにしてくれます。


 

中途採用と違って

新卒の場合には

社会人として一人前に育てる必要にも迫られるため

手間暇(厳しく)をかけ

手塩にかけて育ててきた感があるため

今回のニュースは

嬉しさがより強い感じがします。


 

千葉哲也は出産にも立ち会ったというから

素晴らしいことです。

2018-05-28 08:01:59

コメント(0)

折りたたむ

ワクワクし、感動を広げる書店

生まれ故郷の盛岡へ行った話を

先日のブログに書きました。


 

盛岡には、昨年から2~3ヶ月に

1度行っています。


 

その時に ついで と言っては

失礼ながら

かならず足を運んでいるのが


 

盛岡駅の1階にある書店。


 

その書店は

本の業界ではとても有名です。


 


 

書店や図書館好きの

私ですが


 

いつ行っても

感動させられます。


 

今回も行って

時間の許す限り店内をうろうろして、


 

気になった単行本と文庫本を

手に取って

14冊購入しました。


 

毎回、こんなノリで

本を購入しています。


 

読み終えた本は

母親に渡します。


 

母親は、

すべての本が

「面白い、面白い」

とむさぼるように読み、


 

その後、

小説好きの友人に貸しています。


 

友人の方々も

面白いとの反応で

次を楽しみにされているのです。


 

仙台の

大きな書店でもちろん販売している

本なのに

その本に出会うことがなく


 

私も母も、その友人の方々もいます。


 

それが、盛岡の書店によって

「読みたい」

と感じさせられて

伝わっていく現象が起きています。


 

その書店にいかなければ

一生出会うことがない小説等に

出会えることの悦びと、

そのような商売のあり方に刺激を貰えることで

毎回足を運んでいます。


 


 

その書店は

「永遠の0」

「文庫X」

を全国のベストセラーへ押し上げたお店です。


 

2018-05-23 09:16:44

コメント(0)

折りたたむ

生まれ故郷の盛岡にて

生まれ故郷の盛岡にて


 

講演をしました。


 

会員数370社の

一般財団法人 岩手県すまい・あんしん推進協議会


 

の総会に併せての講演会でした。


 


 

昭和61年に設立した団体とのことで

岩手県内の建設業者によって組織されています。


 

まさか370社もの団体とは知らず、

軽い気持ちで盛岡へ行ったのですが、

岩手県内の蒼々たる建設業の経営者の面前で


 

当社が取り組んでいる


 

国策である長期優良住宅化リフォーム推進事業

について話をしました。


 


 

様々なリアクションを頂きました。


 

公共工事が主な会社さん

住宅工事が主な会社さん

リフォーム工事が主な会社さん

不動産業も含めオールラウンドで営んでいる会社さん

仙台にも拠点があり広域的に営んでいる会社さん

広い面積の岩手県なので、

それぞれの地域の特徴が現れている会社さん


 

より、

肯定的な感想やご意見

否定的なご意見

をいただきました。


 

否定的なご意見を下さった方とは

より親しくなった感じです。


 

意見交換をしたことで、

新たなるヒント・アイデアが湧いてきました。


 


 

それにしても32年も続く組織は

厚みがあるなぁと、、、岩手県の建設業すごい!

2018-05-22 08:25:25

コメント(0)

折りたたむ

土曜日の朝は

土曜日の朝は

7時から8時半まで社員と勉強会をしています。


 

6時過ぎに

コンビニによっておにぎり等を購入し、

24時間営業のファストフード店にて朝食を食べてから

出社して会社の鍵を開けます。


 

土曜日なので

道路はすいているのですが、

コンビニやファストフード店には

職人さん達がけっこういます。


 

自分が手元工として現場へ

行っていた頃は

7時前になんて

滅多になかったので


 

朝早くから

凄いなぁと感心して見ています。


 

それも結構若い職人さんが多い。


 

なので

若いのにたいしたものだなぁ

と思ってしまうのです。


 


 

時折、車の後をついて行って

どんな現場なのか

どんな職種なのか

どんな風に作業しているのか

観察してみたい

欲求が起きたりします。


 

若くて真面目に働いている職人さんだったら

スカウトしたいなぁと思うからです。


 


 

そんな彼らも

元々早起きではなくて

職人さんとして働き出して

早起きになったのでしょう。


 

8時から作業開始だとして、

6時前に起床していれば

身体も起きているので

事故が起きにくくなるし

効率的に作業をしているのだと、、、。


 

こんなことをコンビニとかファストフード店で

思ったりしているのです。

2018-05-19 10:43:51

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5